2015.09.10 Thu

川村愛 個展 風のいろ 水のかたち 花のこころ -心象風景からのランドスケープ-

 

2015.10.03-11.23

 

川村愛 GULIGULI

 

川を沿う散歩道

その一瞬々の景色に感性をゆだねて
歩いていると
さまざまな時空と宇宙の中を
漂いながら散歩しているようです。

日々の風景は
時をかさねて
こころに浸透していきます。

すべてにおいて

内も外もなく、浸透し合う
浸透圧みたいな引力

いったりきたり
解け合う 心象風景

 

————————————————————————————–

川村愛     ai  Kawamura
美術作家
1981  高知県生まれ。高知在住
2002 京都嵯峨芸術大学短期大学部日本画コース卒業
2006 京都造形芸術大学環境デザイン学科ランドスケープデザインコース卒業
卒業制作「アートとランドスケープ」奨励賞受賞
平面作品を主体に制作活動を行っている。
2006年〜2011年、東大阪市民美術センター創作講座非常勤講師。
京都で7年、奈良に4年住み、2011年5月より高知在住。

絵画を主体に、空間や風景と呼応した作品を制作する美術作家。
日々のお散歩で感じる風景、季節に寄せる心を、すくいあげるように色やかたちにしている。
「描くこととランドスケープ」をテーマに心象風景を描く。
また、こども対象ワークショップや、フィールドワーク「お散歩」から野の花を摘んで描く
ワークショップ「花寄せの会」なども季節に応じて開催している。

http://www.aikawamura.info

作家在廊日:10月3(土).4(日).5(月).17(土).18(日).19(月)11月22(日)

■10月4日(日) 18時開演 参加費:500円(ドリンクワンオーダー制)
トークイベント 「描くこととランドスケープ」
大学でランドスケープデザインと日本画を学んだ美術作家川村愛と
ランドスケープデザイナーであり、GULIGULIプロデューサー對中剛大が
「描くこととランドスケープ(風景)」をテーマに日々のお散歩で感じる風景、季節に寄せる心を、すくいあげるように色やかたちにしている。作家の心の中にある風景と、
自然の風景の見え方など、作家の視点を探るお話をいたします。

コンサートイベント写真

■10月18日(日) 18時開演 参加費:2000円(ドリンクワンオーダー制)
コンサート 「3日満月×風色」ライブパフォーマンス
空間と共鳴しながら繰り広げられるライブパフォーマンス。
心象風景を散策するかのようなひとときを。

【 3日満月 】 みっかまんげつ
権頭真由(アコーディオン/ピアノ/うた)、佐藤公哉(ヴァイオリン/ビオラ/ギター/うた)によるデュオ。
2011年9月、プラハの満月を長引かせて結成。伸びやかな平安のための「円の音楽」を演奏する。
子供たちと作る音楽サーカス『音のてらこや』主催。4つの身体、4つの楽器による音楽の箱舟『表現(Hyogen)』メ ン バー。

– 権頭真由 Mayu Gondo –
東京生まれ。音楽を通して世界と対話し、あらゆる美しさに花を添える。
2013年、生演奏のミュージカル『100万回生きた猫』に出演。
2014年、インヴァル・ピント&アブシャロム・ポラック・ダンスカンパニー作品『Wallflower』に出 演。
表現(Hyogen)、3日満月、音のてらこや、momo椿*などで活動中。

– 佐藤公哉 Kimiya Sato –
1984年北海道生まれ。シュルレアリスムの影響のもとに幼少より画家を志し、後に音楽へ転向。
東京藝術大学音楽環境創造科卒業後、 声、ヴァイオリン、ヴィオラ、ギター、 ホーメイ等を用いて作曲、演奏、ワークショップを各地で行う。

【 風色 】 ふうしき
dance下津浦瑞希とart川村愛のユニット。
京都造形芸術大学ランドスケープデザインコースで
出会い制作を共にする。室内外問わず、その場所や土地に流れる気を読みとり、
色やかたち、動きに表出させることによりうまれる「風景・景色」を展開させる
パフォーマンスを行っている。

knw01-01

◆10月24日(土)、25日(日)
高知仁淀川ピクニック 現地集合•現地解散
高知県の清流仁淀川で、ピクニックコーディネーターでありGULI GULIプロデューサーの對中剛大と地元の食材を料理し、美しい自然を体験し、参加者と地元の方々と交流するピクニックです。25日は土佐和紙漉き体験を予定しています。

 

image
■11月22日(日) 
14~16時 参加費:1500円
ワークショップ 「自然素材×こども×アート」-自然素材にふれることによって開かれる感性-

お子様を対象に自然素材(石や木の枝、和紙など)を使用し箱の中に、箱庭のようにボックスアートをつくります。どのように考えて作品を作りあげたかを、お子様にプレゼンしていただき、自分の考えを人に伝えることまで体験していただきます。
特別ゲストに、こどもとアートをテーマに数々のワークショップを行う水野哲雄氏をお招きし、「作ると学ぶ」を楽しみながら行います。
※こどものみ、親子での参加どちらも可。見学もできます。
[水野哲雄]
京都造形芸術大学こども芸術学科学科長退任後、現在同大学名誉教授、
NPO法人こどもアート副理事長。
も、暮らし、地域をキーワードにアートによるコミュ二ケーションの在り方を模索、実践している。こども、暮らし、地域をキーワードにアートによるコミュ二ケーションの在り方を模索、実践している。

水野先生
■11月22日(日) 
17時30分開演 参加費:500円(ドリンクワンオーダー制)
トークイベント
美術作家川村愛とGULIGULIの對中剛大、そしてゲストにこども、暮らし、地域をキーワードにアートによるコミュニケーションに在り方を模索実践している京都造形芸術大学名誉教授の水野哲雄氏をお招きし、「自然素材×こども×アート」をテーマに美術をとおした「こどもの教育」についてお話を行います。

■11月22日(日) 19時00分開演 参加費:1000円
クロージングパーティ

トーク終了後、川村愛さん・水野哲雄さん・對中剛大と参加者の
みなさまとお話ししながらさやかなパーティを行います。