2017.12.25 Mon

「はじめてのいけばな」教室 vol.13

いけばなの基礎からじっくり教わりながら体験できるいけばな教室。

2018年はじめのいけばな教室になります*

今回も大津  智永さんご指導のもと楽しく、真剣にご自身の作品を作ってみませんか。

一度で完成できますのでお気軽に。男性の方もぜひご参加ください。

 

2018年2月4日 (日)    13:30~15:30
参加費:3500円 (材料費・ドリンク付)

※お花は一度崩してお持ち帰り頂けます。
ご自宅に剣山をお持ちですと、帰宅してすぐ生けることができるのでおすすめです。
※剣山、器をお持ちの方は持参していただいても結構です。

定員:5名
持物:ハンドタオル、筆記⽤具
会場:GULIGULI 4F  kitchen  room

 

【講師プロフィール】

大津 智永
都未生流次期家元。京都を中心にいけばなの魅力を知っていただく為、
体験教室、展示会、他文化とのコラボなど若手華道家として幅広い活動を行っている。

【ご予約・お問合せ先】
メールにてお名前・ご連絡先・参加人数をお知らせください。
chiei002@i.softbank.jp (大津)

2017.12.24 Sun

みどりの教室vol.39 苔のテラリウム

新年最初のみどりの教室。

今回は屋久島の流木と苔たっぷりの光のテラリウムです。

お部屋でそっと照らされる、小さな森の世界をお楽しみいただけます。

※写真は多肉ですが、当日はふさふさの苔がメインとなります。

 


 

▷2018年2月10日(土)
①午前の部 11:00〜 (満席)
②午後の部 14:00〜

▷参加費:3,500円 (材料費・ドリンク付)
▷定員:各10人(予約制)
▷会場:3F  party room

【ご予約】
お名前・ご連絡先・イベント名・参加人数・希望時間を下記までご連絡ください。
Tel 072-734-7603 / Mail info@guliguli.jp

※ワークショップ開催日の3日前を切ってのキャンセルは、キャンセル料をいただきます。

2017.12.11 Mon

ロベルト杉浦 × タンゴ・グレリオ LIVE

2018 . 2 . 3 (sat)  18:30〜 「TANGO DRAMATICO」

・ 


GULIGULIでは2回目となる タンゴ・グレリオのLIVE。
今回は ロベルト杉浦さんを招いて “情熱の歌” との共演です。

ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオがお届けする、
涙と笑いのドラマチックタンゴ。
タンゴ・・・それは愛と憎しみ、栄光と挫折、人生の
不条理を歌い上げる3分間のオペラ!
希少な楽器 “バンドネオン” と ギターが奏でる音と、圧巻の歌唱力の歌で
アルゼンチンタンゴの夜をお楽しみください


PR用 YouTube
https://youtu.be/sS3SGSudzeM

——————————————————

▷ 2018年2月3日(土)
▷ 18:00 open → 18:30 start
▷ ¥3,500  (1ドリンク付・要予約)

【ご予約・お問合せ】
米阪ギター教室
TEL/072-743-6207  ・ mail/g_yone2007@yahoo.co.jp

——————————————————


・ 

<ロベルト・杉浦>

19歳でタンゴ歌手としてプロデビュー。アルゼンチンへ渡り、 大歌手ロベルト・ルフィーノに認められ、ロベルトの名前を与えられる。
ラテンアメリカ各地で現地のミュージシャンらと演奏活動に参加。
2000年には、南米で1億人が観ている人気テレビ番組「サバド・ヒガンテ」 にレギュラー出演し、南米で最も知られた日本人として知名度が広がる。
約20年の中南米での音楽活動を経て帰国。
2010年ビクターより「ダメウンベソ」(作詞 阿木耀子)をリリース。
テレビ東京「世界を変える100人の日本人」、フジテレビ「笑っていいとも」 日本テレビ「スッキリ」、テレビ東京「スーパーモーニング」、 NHK「NHK金曜バラエティー」などのテレビ番組に出演。
2012年にはキューバで開かれた、世界ボレロフェスティバルに招へいされ、 コンサートの最後を締め括った。
現在は、国内外のコンサート・イベント等で精力的に活動中。

<タンゴ・グレリオ>

星野俊路(バンドネオン)、米阪隆広(ギター)によって2010年に結成された、日本では珍しい編成のアコースティック・デュオ。古典タンゴをベースとしたノスタルジックで下町情緒あふれるサウンドに定評があり、関西を本拠地に各地でアルゼンチンタンゴの魅力を伝えるべく演奏活動を行っている。通常のライブのほかに、インドの伝統楽器やベリーダンス、和太鼓との共演などユニークな企画も数多く行っている。
2013年1stCD「DESDE EL ALMA~心の底から」、2016年2ndCD「EPOCA PIAZZOLLANA~ピアソラの時代」をリリースした。2014年タンゴ研究家・西村秀人氏を招いての「タンゴ日本渡来100年記念講演」のプロデュースや、2015年第1回「奈良タンゴ祭」への参加など、タンゴの魅力を多くの人に紹介する活動にも力を入れている。

website : http://tangogrelio.com/

<星野 俊路 / バンドネオン>
19 歳の時、岡本昭氏、岡崎恵二氏にタンゴの基礎を学び、東京都内のダンスホールなどで演奏経験を積む。24 歳の時に京都の門奈紀生氏に入門し、2006 年からオルケスタ・アストロリコ、アストロリコ六重奏団のメンバーとして活躍する。現在は、関西では数少ないプロバンドネオン奏者として、ピアニスト吉岡凛をリーダーとした「タンゴ・コケータ」や、上田裕司氏の「タンゴ・ガルーファ」など様々な楽団で演奏活動を行っている。
bloghttp://bandoneon.blog.shinobi.jp/

<米阪 隆広 / ギター >
14 歳の時から独学でギターを始め、大学在学中に猪居信之氏に師事、演奏活動を始める。現在は大阪池田市でギター教室を主宰するとともに、各地で演奏活動を行う。クラシックギターの奏法をベースにタンゴ、ラテンの奏法も積極的に取り入れ、ソロ、重奏などの活動の幅を広げている。日本ギタリスト会議事務局次長、ギター音楽大賞審査員をつとめる。
website:http://www.yoneguitar.com/

 

保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存保存保存保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存