2017.09.06 Wed

popup展 – Käthe「土と釉のアクセサリー」

2017. 9/27 wed 〜 10/9 mon 

京都の空の下でKätheさんの作品に出会ったのは少し前のこと。
それからずっと片思いのような時が過ぎ
やっとGULIGULIにおむかえできることができました。

当時よりさらに素敵に色が重なったKätheさんのアクセサリー。
〝土を身につける楽しさ″ をコンセプトに、質感を感じられる陶飾りを
ひとつひとつ手作業で作られています。

ピアス、イヤリング、髪飾り、
そして指輪がなんとも愛らしいのです。

全てデザインが違います。
お気に入りが見つかりますように。
9月27日より お待ちしています。


Käthe (Nakayama Kazuki)
京都在住。 2015年より陶器アクセサリーブランド
「Käthe(カーテ)」の活動をスタート。

instagram → https://www.instagram.com/kathe._._/

2017.08.26 Sat

谷口聡子 個展 「かすかなもの」

2017.9.2(sat)〜9/18(mon)

九月は ニット作家 谷口聡子さんの展示会を開催致します。

ニットと聞くと、衣類などのイメージがありますが
谷口さんはどこまでも作品の表現の一つとしてニットを選び 編み続けています。

糸と指や棒などで作れる とても原始的な手法のニット。
そのシンプルな行程で、谷口さんのフィルターを通して世界を表現した作品たちは
とても美しく、どこまでも広がる生き物のようでもあり自然そのもののようでです。

今展では、新作はもちろん
過去に谷口さんがグループ展などの展示会でも発表されたものも含む
多くの作品を展示します。
どうぞこの機会にご覧ください。


– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
<ワークショップのお知らせ>
◎ニットピアス作りの会

GULIGULI shopでも常設している
谷口聡子さんのブランド a hINT of さんの
ピアスを編むワークショップを開催致します。
※イヤリング、ブローチに変更も可能です。
ご参加お待ちしています。

▷9/2(土) 、3(日) 13:30〜15:30    (残りわずか)
▷定員:各6名
▷参加費:¥3200 (ドリンク付)
▷ご予約はGULIGULIまでご連絡ください。
(3日前をきってのキャンセルはキャンセル料を頂きます)



< 谷口聡子  /  Satoko Taniguchi >
棒針編みの手編みで、造形物やアクセサリーを制作しています。

武蔵野美術大学卒業
大学在学中とその後の2年間、桑田ニット研究所にて
桑田路子氏にニットの技術と知識、アートの可能性について学ぶ。
染色工房やニットの商品制作に携わり、現在は自身の制作を行っている。

http://satoco-a-hint-of.tumblr.com

2017.07.26 Wed

Lore exhibition 2017 – 祈るように生きる –

2017/ 8 / 18 (fri) 〜 8 /31 (the)


たいせつに受け継がれてきた伝統工芸
その伝統工芸の端材をアップサイクルする
兵庫県丹波発 エシカルブランド「Lore」

8/18〜展示販売会を開催させて頂きます。

ものづくりから繋がりが広がり
人と人との交流から生まれてゆく物語を
紡いでいきたいと願うLoreの世界

展示会のテーマは「祈るように生きる」
自分らしい生き方をこつこつと追求すれば
『祈り』に到達する。

誰もが自分の人生のアーティストであるように、
自分らしく表現するツールのひとつとして、
Loreのアイテムを手にとっていただければ幸いです。










◎期間中はイヤリング作りのワークショップも開催

・期間中随時開催
・片耳1500円(税込)
※火、水曜日のみワークショップお休みです


皆さまのお越しを
心よりお待ち申し上げております。

▷2017年8月18日(金)〜8月31日(木)
▷11:00~18:00(最終日 17:00)
▷火曜日close

2017.07.03 Mon

7月gallery「しましま展」


2017/7/15(土)〜23(日)   ◎最終日23日(日)は特別に現地の方が一部来られます。


《参加店さんのご紹介》


◎ 屋久
島 ◎
やわら香   (精油)
八万寿茶舗  (お茶)
・木のオブジェ (超特大もやってきます!)

・シダ籠
・アゴの白だし
・島屋民芸   (屋久杉ボールペン)


◎ 淡路島 ◎
Awabi ware     (陶器・器)
GOTZO       (オイル・塩・ビネガー)
Suu        (アロマ精油)

◎ 徳島 ◎
・Cafe Blank  (マグカップ・エプロン・トートバッグ)
SUEKI    (陶器)
jockric    (エプロン・服)
北室白扇   (半田そうめん)
KAWAZOE FRUIT (果実シロップ)
オイシイサーカス (ドレッシング)
藍食人    (インディゴハーブティなど)
ivory +  安藤由紀 (木のコモノ)
BUAISOU    (藍)

◎ 小豆島 ◎ 
波花堂      (塩)
HOME MAKERS  (ドレッシング・シロップ)
真砂喜之助製麺所  (そうめん)
i’s life       (オリーブオイル)
森國ベーカリー   (パン)

◎ 隠岐の島 ◎
・そばかりんとう「かりん」

◎ 奄美大島 ◎
・がじゃまめ

◎ 他◎
西日本出版社  (書籍「せとうち暮らし」「瀬戸の島あるき」他)

・ 


– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

⭐︎最終日 この日限り 徳島からCAFEBlankのメンバーが来阪。パン・焼き菓子・自ビールなどを直接販売してくれます!お楽しみに!⭐︎

CAFEBlank
RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store (徳島 / クラフトビール)
毎日酵母パンAtta  (徳島 / 天然酵母パン)
パウゼ       (徳島 / 焼菓子)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –



<しましまの品々の一部をご紹介>





– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

Special  thanks
uta no tane
高川泰輔
いのうえ ただひろ
CAFEBlank
山内庸資  (DM illustration)

2017.06.26 Mon

笑達 似顔絵展 – 日々を描く –

2017.7. 28(Fri) 〜  8. 13(Sun)
笑達  似顔絵展 - 日々を描く –


京都の似顔絵作家、笑達さんがGULIGULIにいらっしゃいます。

人に会い描き続けてきた
笑達さんの深く暖かい似顔絵。
夏のセミの声の季節にお目見えです。

展示期間中、5日間。笑達さんに似顔絵を描いてもらえるイベントも開催します。
記念の1枚。いかがですか。
詳しくは下記後半をご覧ください。
どうぞお楽しみに。



<モノクロの横顔Verもご希望可能です ※通常より少しお時間頂きます>



◎笑達さん在廊日(似顔絵イベント予約状況)◎
 ※全て11:00〜18:00
①7月30日(日) <終了>
②8月6日(日)   <終了>
③8月11日(金・祝)満席
④8月12日(土) 満席
⑤8月13日(日)  15:30〜16:00

※ご予約優先。当日空いていれば予約なしても可能です。
※満席でも、隙間に「後日お届けプラン」でしたら可能かもしれません。
 まずはお問い合わせください。

 


※古材フレームは素材がその時によります。2L、B5サイズは当日選んで頂けます。

【ご予約・お問い合わせはGULIGULIへ】
Mail:info@guliguli.jp
TEL:072-734-7603

以下の内容をお伝えください。
①お名前(フルネーム)
②連絡先
③ご希望の日時
④人数(大人、子供の内訳もお願いします)
⑤プラン、サイズ
⑥カラー or モノクロ
⑦額付き希望の有無
⑧笑達さんへ伝言があればお伝えします。


——————————————————————————————————-

笑達(しょうたつ)

1982年 和歌山県出身。
19歳から似顔絵を描きはじめ、現在までに描いた人数は30,000人以上。

目の前の人の存在と、その魅力をそのまま似顔絵に描く。
2001年より京都の路上で似顔絵を描きはじめる。
2005年 似顔絵作家集団『WORLD1』設立。
2012年 独立、『&NIGAOE』設立。

似顔絵作家“笑達”として個人活動を開始。全国各地で似顔絵制作、個展多数。

URL:http://and-nigaoe.jp/

2017.06.11 Sun

NIMAI-NITAI 洋服展「SHIRO NO YOSOIKI」

2017.6.23(fri)〜7.10(mon)



春のものづくりマルシェにも参加してくださった
NIMAI-NITAI(ニマイニタイ)さんの展示会

今回は新作の「白いお洋服」シリーズをお持ちいただけます。
NIMAI NITAIさんは、インドでモノづくりを行う小さなアパレルブランド。

〜ひとりの人と出会うように、ひとつのモノに出会う〜をコンセプトに、
伝統的な手仕事を活かした服を、インドで1枚1枚仕立てています。

手つむぎ 織りのオーガニックコットンや、リネン生地に、 木彫りの版を用いて、
手捺染により様々な柄のプリントを施した服をご覧いただけます。
軽やかなワンピース・ブラウスに合わせて、 色とりどりのストールもご用意してお待ちしております。

NIMAI-NITAI
http://nimai-nitai.jp


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<今回の展示風景>

 

2017.05.12 Fri

「みどりのコーラス」 児玉 彩 作品展 


2017年6月1日(木)-6月18日(日) 11:00-18:00  ※火曜日定休

 

コーラスが好きだ。

みなで声をあわせてることに、わけもなく感激する。
うまいとか下手だとか、それはあんまりどうでもいい。

誰かが歌っていることそのものが好きで、
その中にいて自分も声を出すのも、好きだ。

身の回りにある草花や木々も、コーラスに見えることがある。
めいめい勝手に輝き、声をあわせて。

6月のグリグリに、そんな部屋をつくりたい。

 関西を拠点に活動する児玉彩(こだまあやか)さんの作品展です。
2010年から主に家族や友人などの身近な人物を描いた絵や、最近では二十四節気の季節をテーマにした詩人との共同作品などを発表しています。
「みどりのコーラス」と題された本展では、児玉さんの作品とともに、彼女が尊敬するこども達の絵もいっしょに展示し、グリグリのみどり、児玉さんの絵、こども達の絵がコーラスのように響きあう空間づくりを試みます。
また、期間中に作家とともに絵を描くワークショップを開催し、ここで生まれた作品も展示いたします。 展示に参加すること、また鑑賞することをとおして、より身近に美術を楽しんでいただけるきっかけになればと願っています。

 

 

【プロフィール】
児玉 彩 / Ayaka Codama
2011 京都市立芸術大学 美術学部 美術科 油画専攻 卒業2007
京都市立銅駝美術工芸高校 卒業

【個 展】
2016 かげぼうし(GLAN FABLIQUE la galerie / 大阪)
Sister (Books Gallery Coffee iTohen / 大阪)
2015 花のような人(ギャラリーモーニング / 京都)
2013  between(Gallery Ort Project / 京都)
2010  codama ayaka; room(Laboratory, RAD / 京都)
【主なグループ展】
2017 ちいさなコレクション展(GULI GULI / 大阪)
2016 RIVER’16 (アトリエ2001 / 兵庫)
Gili Bali 10日旅(ZAZIE hair / 大阪)
2015 第1回 iTohen公募展 PACKAGE2015 (Books Gallery Coffee iTohen / 大阪)
面 FACE展(ギャラリーモーニング/京都)
2014 川影(アンティークベルギャラリー/京都)
Collection Gilles Balmet(l’Ecole supérieure d’art et de Design de Grenoble / グルノーブル、フランス)
2013  fitting room 2(Gallery Ort Projec/京都)
【受 賞】
2015  第1回 iTohen公募展 PACKAGE2015 入選
第13回 「1_WALL」グラフィック部門 入選
【仕事 / イラストレーション】
医療法人 越田クリニック / 24節気
石井アカデミー・ド・バレエ
その他多数

http://codama-ayaka.tumblr.com/

<展示風景> 


<会場にはワークショップ等で描いた子供達や大人の参加者さんの作品も展示に参加>



【 ワークショップ 「びじゅつのじかん」のお知らせ 】



 

今回の展示では、児玉彩の絵と一緒に、こどもたちの絵も展示します。
会期中のワークショップでできた絵も、会場にふえていきます。
ひとりひとりの絵の声を合わせたコーラスを一緒に作りましょう。

6月3日(土)14:00スタート
大きな「みどりの絵」を描く

6月11日(日)14:00スタート
みどりにすむ「いきものの絵」を描く

 

あなたも展示に加わりませんか?
対  象  :4才以上 〜おとなまで。
就学前のお子さんはおとなの方といっしょに参加してください
持  物  :汚れてもいい服(絵の具を使います)
定  員  :各回10名(予約制。空きがあれば当日参加できます)
参加費:1000 円
展示のため、作品は加工される場合があります
※作品返却は、展覧会終了後に行います
予約先:GULIGULI
お名前、イベント名、連絡先、参加人数を電話またはメールでお知らせください
tel 072-734-7603 info@guliguli.jp

2017.04.16 Sun

内田輝 × 岩瀬ゆか EVENT「演奏と制作 #7」

クラヴィコード奏者の内田輝さんの幻想的な音色にあわせて、
岩瀬ゆかさんがライブペイントを行います。
窓からうつりこむ 夜のお庭の、独特の世界をお楽しみください。

▷5月13日(土)   18:00 会場 → 18:30 開演
▷参加費:¥3,300 (お菓子とお茶付き)
▷出演者:painter / 岩瀬ゆか -  sax & clavichord  / 内田輝
▷会 場:GULIGULI 2F   galleryⅡ
▷予約制:参加希望の方は GULIGULIまで
<お名前・連絡先・参加人数>を連絡ください。
TEL:072-734-7603
mail:info@guliguli.jp

———————————-

< 岩瀬 ゆか  /  Yuka iwase >
「through:通り過ぎた風景」
私達は様々な物事に触れ日々を生きています。
その時々の感動や震えを風景に重ね描いています。

2006年よりiTohen、月夜と少年 等で個展を開催。
近年はアトリエでの制作に加え、ワークショップ、ライブペイントを主とした、コミュニケーションを交えた作品づくりに挑戦、活動しています。
野外での制作も様々な場で行っています。
http://iwaseyuka.com


<内田 輝 / Akira Uchida >
音大卒業後、ピアノ調律を習得し、全国をピアノ調律を通して音の本来に出会う為のWSを開催。
その後14世紀の鍵盤楽器クラヴィーコードに出会い、現在、日本中を巡り演奏会とWSを行っている。

piano & soprano sax
https://youtu.be/eaA5ynNLRaQ
clavichord
https://youtu.be/QSIXSH99itA


2017.03.16 Thu

ちいさなコレクション展 vol.2

2017 . 4. 12 (Wed) 〜 5 . 7 (Sun)
企画:林 智樹
gallery2

期間中、全館を使って林 智樹さん企画の「グリグリ紹介します」展を同時に開催しています。

グリグリが池田にオープンして今年の春で3周年を迎えます。
今展は、ものづくりを行う造園会社が始めたGULIGULIで、ものづくりや美術を楽しんでもらいたいという想いで、公私で作家のサポートをしている林智樹さんにお声がけして今回の企画となりました。
ギャラリー2では、林さんのコレクション作品の展示と、数名の作家さんからご購入いただける作品を展示します。この機会に美術やものづくりの楽しさや、好きな作家に出会う機会になればとおもいます。

 

林 智樹
1980年生まれ。大阪芸術大学・美術学科卒業後、福祉施設に勤務。仕事のかたわら、作家・城下浩伺とTACOを中心とする「act」のまとめ役を担うなど、公私で美術作家をサポートしている。社会福祉士・学芸員の資格を有する。

展示作家
——————————————————————–

阿部 海太さん http://kaita-abe.com/
植田 楽さん  https://www.facebook.com/Hiraku91/
宇加治 志帆さん(pippi) https://gushanotabi.wordpress.com/
岡野 香さん http://credenza.jp/exhibition-kaori-okano-ceramic-works-exhibition/
岡村 絵里さん http://pannalila.wixsite.com/eriokamura
小澄 源太さん http://yesyeshihi.net/
城下 浩伺さん http://koji-shiroshita.com/
ツダモトシさん http://tsudamotoshi.tumblr.com/

2017.03.15 Wed

林智樹 『グリグリ ——(中略)——  って、紹介します展』

《グリグリ ここは、池田にある造園会社がやってるカフェ、ショップ、ギャラリー、パーティ(コミュニティ)ルームがあるところ って、紹介します》展

2017 . 4. 12 (Wed) 〜 5 . 7 (Sun)
企画:林 智樹
cafe,garden, gallery1,gallery2,shop

期間中ギャラリー2で林智樹さんの「ちいさなコレクション展 vol.2 」を同時に開催しています。

 

グリグリが池田にオープンして今年の春で3周年を迎えます。
ものづくりを行う造園会社が始めたGULIGULIというお店で、植物や自然、ものづくりに触れることのできる場所を作りたい。料理や食材も誰が作ったかわかる。自然の中で街のひとが思い思いに過ごすことのできる場所。そんなお店を目指してきました。

3周年にあたり、そとの視点からグリグリを使って楽しい展覧会が出来ないか、またグリグリの面白い場所や魅力を体験することが出来ないかと考え、美術作家を公私でサポートしている林智樹さんにお声がけして今回の企画となりました。
アート作品を通した庭の見え方もいつもとは違って見える。
また自身の好きな作品、好きな作家を見つける良い機会になればと思います。

グリグリでは過去最も大掛かりとなる1階のカフェや庭、ギャラリーの1・2を使った展示やGULIGULI全館をや楽しむツアーイベントや料理教室、絵画のワークショップなど行います。

林 智樹
1980年生まれ。大阪芸術大学・美術学科卒業後、福祉施設に勤務。仕事のかたわら、作家・城下浩伺とTACOを中心とする「act」のまとめ役を担うなど、公私で美術作家をサポートしている。社会福祉士・学芸員の資格を有する。

 

イベントスケジュール
——————————————————————–

詳しいイベント紹介はこちらから

 

 トークイベント 



A|グリグリ提案します
——————————————————————–
4月16日(日) 16:00~
スピーカー:對中 剛大(GULIGULI)× 林 智樹
参加費:500円(ワンドリンク付) / 予約不要
内容:GULIGULIのプロデューサー對中と林さんのトークです。
GULIGULIのこと、GULIGULIが今後やっていくこと、今回の展示の解説や考えなどお話します。どなたでも聞きやすい内容です!

 

 GULIGULIツアー×ワークショップ |

※GULIGULI全館を講師が案内するツアーとワークショップをセットで楽しんでいただけます。

B|ピクニック (料理教室 ) ツアー
——————————————————————–
①4月16日(日)10:00~14:00
②5月7日(日) 10:00~14:00
ツアーガイド&料理講師:對中 剛大(GULIGULIプロデューサー/ピクニックコーディネーター)
参加費:4500円(材料費込み) / 予約制 定員:各6名
ピクニック感覚でグリグリ内を散策し、展示作品のガイドもします。
そのあとキッチンルームでGULIGULIランチをつくります。
すこし料理が苦手な方も楽しく料理が作れます!

Cみどりの教室ツアー
——————————————————————–
4月22日(土) ①10:00~ ② 14:00~
ツアーガイド&講師:坂本吉隆(荒木造園設計)
参加費:4500円(材料費込み) / 予約制 定員:各6名
GULIGULIを造った荒木造園設計の職人がグリグリを案内します。庭の仕立て方・鑑賞の仕方もお話しします。ツアーの後は人気の「みどりの教室」です。今回は屋久島の石や流木、苔を使って小さな庭を造ります。ツアーで聞いた庭の知識をいかしましょう!

DESS (英会話 ) ツアー
——————————————————————–
4月23日(日) ①10:00~ 14:00
ツアーガイド&講師:松嶋友紀(PINE TREE TRANSLATION)
参加費:3500円(ランチ付き) / 予約制 定員:10名
GULIGULIを英会話をしながら案内します。型にはまった英会話ではなく、ちょっと小旅行などに使える簡単で気楽な英会話です。GULIGULIのランチやドリンクもついています。

 

 GULIGULIマルシェ 

E連動企画~ ものづくりマルシェ ワークショップ
——————————————————————–
4月29日(土)  
4月30日(日)  11:00~ 16:00
展示期間中に開催される「GULIGULIものづくりマルシェ」と連動し、出品作家のワークショップなども行います。
・白水麻耶子さんの似顔絵仮面
・マメイケダさんのお庭スケッチ
・児玉彩さんの絵を楽しむ時間
・森口誠さんの植物と珈琲の販売

 

展示作家
——————————————————————–

安藤 智さん×teji (onegaigoto) http://tomoando.com/
白水 麻耶子さん https://www.mayakohakusuiii.com/
マメイケダさん http://kobuchada.wixsite.com/mame
阿部 海太さん http://kaita-abe.com/
植田 楽さん  https://www.facebook.com/Hiraku91/
宇加治 志帆さん(pippi) https://gushanotabi.wordpress.com/
岡野 香さん http://credenza.jp/exhibition-kaori-okano-ceramic-works-exhibition/
岡村 絵里さん http://pannalila.wixsite.com/eriokamura
小澄 源太さん http://yesyeshihi.net/
城下 浩伺さん http://koji-shiroshita.com/
ツダモトシさん http://tsudamotoshi.tumblr.com/
児玉 彩さん http://codama-ayaka.tumblr.com/

Shop販売
3 (植物の器) http://joro-to-coffee.com/?cat=2
Fool’s journey  (アクセサリー) http://www.witte.bz/?mode=cate&cbid=1336641&csid=0
はしもと なおこ さん (テキスタイル) http://www.hashimotonaoko.com/

展示構成協力
松本直也さん(naoya matsumoto design) http://naoyamatsumoto.com/

展覧会協力
荒木造園設計
_act_
SKKY|iTohen
naoya matsumoto design
PINE TREE TRANSLATION
Su-

2017.03.14 Tue

[5月] 岩瀬ゆか SOLO EXHIBITION – MUSIC AND PAINT –

昨年 関西を中心とする7つのギャラリーにて
「演奏と音楽」というテーマで 展示を意欲的に開催された岩瀬ゆかさん。
その全展示の作品の一部と、新作を 5月の展示会としてご覧いただけます。

また、在廊中には お客様とお話しを交えながら
お客様のための1枚を描いてくださる「on oder」というイベントや、
5/13には 内田輝さんとのライブペイント「演奏と音楽#7」も開催。

詳しくはイベント紹介ページをご覧ください。
「演奏と音楽#7」
「on order」

お待ちしています。

<作家在廊予定日>
11(木), 13(土), 14(日), 18(木), 21(日), 28(日), 29(月)

,
<岩瀬ゆかさんより>
2016年、「演奏と制作」という音楽と絵画のライブパフォーマンスを数回試みました。
一つ一つの回が、大切な試合のような、山への登頂のような、そんな気持ちで準備し臨みました。
その時にできた作品7点を再展示します。創作の現場はライブ当日だけのものですが、音楽と演奏、
描き手、観客、場所、全てが出合ってはじめて生まれたそれぞれの作品を一つの場所でご覧いただけます。
ライブの作品に加えて、新作も展示します。
日々の実験や訓練でできる粗い表現の絵、微かに得たものを注意深く注ぎ込む絵、
その両方を繰り返すことでいつか強い意志をもった作品ができますようにと願い制作しています。
私の創作の多くは、身近な木々や植物に助けられたものです。光る庭の風景と共にぜひお楽しみください。


,

<岩瀬 ゆか /  Yuka iwase>
「through:通り過ぎた風景」
私達は様々な物事に触れ日々を生きています。
その時々の感動や震えを風景に重ね描いています。

2006年よりiTohen、月夜と少年 等で個展を開催。
近年はアトリエでの制作に加え、ワークショップ、ライブペイントを主とした、コミュニケーションを交えた作品づくりに挑戦、活動しています。
野外での制作も様々な場で行っています。
http://iwaseyuka.com


2017.02.18 Sat

Pon-Pon 屋久島の靴 オーダー会 「ポンポンのためし展」

2017. 3. 17(fri) 〜20 (mon) 11:00〜18:00
4日間のみ オーダー会 を開催決定。


屋久島から、手縫いの革靴を作る Pon-Ponさんがやってきます。

サンダルからスニーカー、ブーツまで。
肩の力をぬいて ゆったりはける、Pon-Ponさんの靴の受注会です。

足型を採寸し、「自分のサイズがわからない」「普段履いている靴があわない」など
靴に関するお悩みもカウンセリングして、自分にぴったりの一足をデザインしてくださいます。

ご注文以外でも、お持ちの靴のお悩みなど
時間が許す限りご相談いただけます。
Pon-Ponの靴も、修理などもございましたら、当日お受け致します。

気になる価格は23800〜3万円代が多めで、
4万円〜もございます。
靴はご注文より2〜3ヶ月でお届けです。
屋久島から日本中に発信していく靴を
履いて  試して 頂ける展示会です。
ぜひお気軽に おためしくださいね。
みなさまのご来場お待ち申し上げます。

※掲載の写真は過去に作った靴です。
今回、ほとんどの靴を持って来てくださいますが、
写真の靴が全て展示されるかは未定です。
ご了承ください。

<Pon-Ponとは>
靴を作るトンカチのことをポンポンと言います。
登山靴・エンジニアブーツ・ワークブーツなど
古いヨーロッパの技法をうまく生かして
今の時代に 大事に 永く履ける靴を作っていきたいと思っています。
(エグチ カツジ)
http://pon-pon.jp

 

 

 


2017.02.17 Fri

MAGALI 2017春夏コレクション

2017 . 3 . 29 (Wed) 〜 4 . 3 (Mon)
MAGALI  Spring & summer コレクション



去年の秋にも展示してくださった MAGALI さん
2017年Spring & Summer のお洋服がやってきます。
『幻想録』をテーマに異素材の組み合わせや、フリル、蝶々のプリントで彩られた今回のコレクション。

アンティークをイメージして制作したくるみボタンいっぱいのリネンブラウスや、
洗いざらしのような、ふっくらとした質感が特徴の国産リネンを使用したお洋服も素敵です。

◎お洋服は、どなたでも GULIGULIにてご試着頂けます。
◎ご注文のお洋服は、約2ヶ月で仕上がります。

ぜひお気軽にのぞいてみてくださいね。
《MAGALIさん在廊日》
4月1日、2日

———————

MAGALI
服のコンセプトは、麻やコットン、ウールなど、着心地やさしい天然の上質素材。
アンティークのようにクラシカルでいて、どことなくモダンで洗練された雰囲気・・・
ずっと昔から着ていたような愛着があって、
”いつまでも大好きでいられる服”がMAGALIのコンセプト。
マガリでは、ずっとずーっと着ていただけるように、
パターンからデザインを追求し、丁寧に制作しています。
今回の作品はヨーロッパの石畳みの路地のイメージがあり、
ベレー帽が似合いそうな服がリンクして全体像が出来上がりました。

http://magali.jp/





 

 


2017.01.15 Sun

二月の花 -Yu Kawai exhibition-

河合悠さんの蝋燭作品展です。
 2017 . 2 . 10(fri) – 2 . 27 (mon)

河合悠さんの灯りは、作者の人柄をそのまま表したような、あたたかで、とても優しい灯です。
形の美しさ、色合い、素材の表情がよくずっと眺めていたい作品です。
今展では制作のインスピレーションの源になっている古物や木片などを用いたオブジェも展示します。光をともし作品や空間をご鑑賞いただきます。
灯が織り成す世界、灯を通し今の自分とそっと向き合う特別な時間になればと考えています。
是非ご覧いただきたい展覧会です。

河合 悠  / Yu Kawai
2003年より蝋燭の制作を始める。
灯りとのつながりを求め、各地での場作りを続ける。
陶芸家やガラス作家、金工作家とのコラボレーション作品の展開や各地でのワークショップや個展の他に、haruka nakamura piano ensemble、AOKI’hayato 、ARAKI shin 、Quentin Sirjacq、青葉市子、内田輝、森ゆに、高木正勝、土取利行など多くの舞台装飾を行っている。
http://yukawai.jugem.jp/

 

————————————————————————————–

期間中のイベント・ワークショップ

02.11 sat  「二月の灯りつくり」 蝋燭つくりワークショップ
河合悠さんが講師となり蝋燭を作ります。午前午後の2回の開催です。
http://guliguli.jp/yu-kawai-work-shop/

02.12 sun  「二月の間奏」 -灯りと音楽-   AOKI,hayato & Yu Kawai
河合悠さんが灯りで演出した空間で青木隼人さんの演奏をいたします。
http://guliguli.jp/interlude/

2016.12.18 Sun

BEATRICE PERINI Collection Exhibition -【 bisque doll 】 美しい陶磁器の人形-

Print

BEATRICE PERINI/ベアトリーチェ・ベリーニ コレクション展
2017.01.05-01.16

肌の透明感、瞳や唇の潤い感、眺めていると人形でありながら人形とは思えない、一人の女の子に見えてきます。

今展は、イタリアのビスクドールの作家、ベアトリーチェ・ベリーニの作品を展示します。
世界各国のビスクドールのコンクールで受賞しヨーロッパを代表する作家となった彼女の作品は、ヨーロッパやアメリカなどで人気で完売し、日本では大変珍しく希少価値の高い作品を展示販売いたします。是非ご覧ください。

ビスク・ドール【bisque doll】 (ポーセリン・ドール)19世紀にヨーロッパのブルジョア階級の貴婦人・令嬢たちの間で流行した人形です。
素焼きの磁器(英語: Porcelain)製であったことに端を発して、ポーセリン・ドール
(Porcelain doll、陶磁器人形)とも呼ばれる磁器の人形です。

https://www.facebook.com/beatrice.perini16

2
3
4