2017.07.17 Mon

7月 大久保ハウス木工舎の仕事 展 (木工)

2017.7.28(金)〜8.28(月)  11:00〜18:00    GULIGULI 2F shop

長野県は松本市、北アルプスを見渡す山の中腹に工房を構え、
調理道具を中心とした木の実用品を制作しています。
毎日陽が上る前に工房へ入り、日の入りとともに仕事を終えます。

冬は-15度近くにまでなる自然の厳しい場所ではありますが、
草木や空の色、山々の景色や季節の移ろいが美しく、
当たり前の生活の延長線上に今の仕事があります。

京都の建具屋で木の仕事を覚えたので昔からの日本の手道具を使う事が大前提でした。
そのうち、その奥深さに魅了され、たくさんの道具を使い、作り、削って仕上げる今のスタイルになりました。

調理道具や食具は普段の生活にとても密接に関わる道具だと思います。
ただ、これほど日常的にハードに使われる道具でありながら、
その使用に耐えうる良い道具が世の中にどれだけあるか。

いつか私の作る道具が、世界中当たり前にどなたのご家庭にもあるというのが私の夢です。
名前も知らないけれど、みんなが持っている。
そんな日が訪れるよう、今日もせっせと削る毎日です。

(大久保 公太郎)


—————————–


大久保さんの作る 匙や木ベラ。
どれも鉋などの刃物で仕上げられており
その美しさは息を飲むものがあります。

どこまでも使い手の 「つかいよさ」を日々探求し
変化し続けて今の大久保さんの作品の形があるのだそう。

面白いのは 作品だけじゃなく
大久保さんの道具にも注目したい。
小さいものから大きなものまで
作るものに合わせて誂えられ、増え続ける道具たち。

今展では、その鉋も展示します。

使うことで 良さがわかる木ベラと
最後までトーストがカリッと食べられるパン皿
丈夫さ、そしてなめらかな舌触りを兼ねた匙
調理道具を中心とした木の生活道具が並びます。

どうぞ この機会に ご覧ください。

(GULIGULI)



大久保さんの作品が生まれる風景

道具を作る道具たち




・ 
・ 


・ 

【大久保公太郎 】

1979年 長野県松本市出身
2001年 富山大学を卒業
2006年 京都にて木工の道へ
2011年 上松技術専門校にて家具製作の技術を習得
2012年 「大久保ハウス木工舎」立ち上げ

現在、削って仕上げる手法で調理道具を中心とした実用品を製作
各地での作品展、催事、イベント等 出展

https://ookubo-house.jimdo.com

2017.06.02 Fri

とりもと硝子店 popup展

2017/6/28(wed)〜7/17(mon) at  2F shop

GULIGULIショップでも以前から お世話になっている「とりもと硝子店」さんのポップアップ展です。
ガラスなのにとても柔らかそうに 見えるとりもと硝子さんのガラス。
透き通ったガラス越しに向こう側 を覗くと景色が揺らめいて見えたり。
同じカタチにみえても、ひとつひ とつ質感や表情に個性があります。

これから迎える夏にぴったりなガラスの作品たちが並びます。

 

2017.05.19 Fri

Italist(アイタリスト) / netbag展 – 2F shop –

6/7(wed)〜6/26(mon)    at  2F shop


手のひらにのってしまう大きさの、
そのまん丸のモチーフについているボタンを外すと、
スルスルとネットが出てきてバッグになりました。
使ってみると、見た目以上に収納力もあり、
レジ袋1枚分くらいの容量があります。
使ったあとは、クシュクシュとネット部分をまとめてボタンで留めるだけで
元のまん丸に収まります。空気を抜いて畳む必要もありません。

このバッグ、50年くらい前、まだスーパーなどがなく
カゴや袋を持って八百屋さんに行っていた時代のものでした。
何か「入れるもの」を持って出かけていた昔の知恵が
今の私たちの生活にも同じように役立つと思います。


(ItalestさんHPより  http://italist.jp/

◎6月10日(土)Italistの永草さんが名古屋いらっしゃいます。
実演もしてくださるので、ぜひお越しください。


日本国内の職人さんが完全手編み。
とても丈夫で便利でかわいいアイタリストさんのnetbag
表面は いろんな柄やビーズで飾られていて
持っているだけでも 嬉しくなります。


◎ネット部分の容量はレジ袋1枚分相当。重さの目安はお米5kgまで運べます。

 

パッケージも素敵です。

2017.04.22 Sat

unik exhibition (2F shop)

5/1(mon) 〜 5/28(sun) 11:00〜18:00   / 2F shop


昨年5月にオープンした 2Fのshop。
オープン当時よりお世話になっている unikさんのアクセサリーが
GULIGULIにやってきます。
日々進化してゆく unikさんのアクセサリーは どれも繊細で可愛らしく
でも芯のあるかっこよさも魅力です。
4/29・30のマルシェにも参加くださいますので、ぜひご覧くださいね。
お待ちしています。

 

—————————————–
(unik さんより)

ジュエリー・アクセサリーを制作しています。

素材はシルバーを中心に、真鍮・ゴールドを使用し、2016年よりエナメル(七宝)も始めました。

目に見える・見えない・はかない・消えていく それらの感覚の『備忘録』
そんな気持ちでこれまでも制作してきたのだなと思います。
だれかの記憶・感覚と交差し、身につけることにより新しい存在に変化する…
どんなときも、どこかに踏み出す一歩のお手伝いに繋がればと考えています。

unik(ユニック)唯一無二、独特なという意味。
「きょうの あしたの だれかの ニヤリの素に」

http://uunikinuu.com

<展示風景>

2017.02.23 Thu

手+音 tetone* 織り展 (shop-popup)

2017. 3. 24(fri) 〜4.10 (mon)

 

長く、大切に使いたい。
そんな思いにならずにはいられない
「手+音 tetone*」のかわちせつこさんの織り作品たち。
今回のテーマは「手からうまれたもの」
実は手+音という名前も 手から生まれるもの という意味合いを持たれているそうです。

裂織りと、北欧の伝統的な手織りの手法を使い
丁寧に織りなされた鞄や敷物たちは、
きっと使いこむごとに愛着がわくことでしょう。

10年先、20年先も使って頂けたら…
少しほころびたところの修理の依頼は
かわちさんにとって、とても嬉しい事だそうです。

「製作者の手を通じて
糸が布になり
布がバッグになり
製作者の手を離れて使う方の手に渡り
使い込んでいくうちに
修復が必要なら、またわたしの手が加わって
それが味となり個性となり…」
(せつさんのお手紙より)

けして短期間で大量には作れない手織りの作品。
今回は ご無理を言って、3月の展示会に向け作品を作って頂けることに。
ぜひこの機会に かわちさんの手織り作品を 手に取ってみてください。

手+音 tetone*
http://oritohibi.bitter.jp/index.html

かわちせつこ
長崎出身・大阪在住
子供の頃から手作りが好きでした。
結婚後、奥の深い手仕事の素晴らしさに惹かれ
2008年から独学で裂き織りをはじめました。
現在は裂き織りの製作とともに
糸紡ぎと北欧の織りを勉強中。

裂き織りと糸での織りモノ→手+音 tetone*
ときどき雑貨モノ→NAVO

 

 

 


2017.02.20 Mon

CANAE展 (shop-popup)

2017. 3. 1(wed) 〜20 (mon)

hand made  CANAE 展

3月。埼玉より hand made CANAEさんがやってきます。

柔らかい肌ざわりのよいコットンで編みくるまれた、 kurumi時計とめがね。
川や海で時間をかけて削られ流れ着いた様々な「かけら」から作られたアクセサリー。

世界に1つだけしかない なんとも可愛い手放せないアイテムです。

メガネは、シニア眼鏡・サングラス・ダテ眼鏡を展示販売しています。
色と形を選んで頂いて、1ヶ月ほどでオーダーも受け付けています。
お持ちの眼鏡に編むオーダーも可能ですよ!

ぜひ手にとって確かめてくださいね。
お待ちしています。

※ニットですが、オールシーズン使って頂けます。

CANAEさんホームページ
http://canae.thebase.in

 


2016.11.06 Sun

popup-shop / キタイリカ展(陶芸)

11月3日(木)~14日(月) 11:00~18:00
%e5%88%9d%e6%97%a5%e5%86%99%e3%83%a1

5月のshopオープン時よりお取り扱いさせて頂いてる
キタイリカさんの作品が千早赤坂村より届きました!
2週間限定の特別な展示会です。 ごゆっくり御覧ください。

<作家在廊日>
11月-13日・14日 の2日間

2016.10.03 Mon

Popup-shop / CURIO (アクセサリー) 展

2016 . 10 . 19(wed)~ 31(mon)  11:00~18:00

CURIO

CURIO  / Popup-shop のご案内

10月19日より 芦屋で作品作りをされているCURIOさんの作品がやってきます。
GULIGULIに合わせて、種や枝と滴などをモチーフにしたアクセサリーが並ぶそうです。
繊細なようで力強く 呼吸をしているようなCURIOさんの作品。
身につけることで、何か物語が始まるような予感がします。

2F shopにて  お待ちしています。

CURIO
http://curio-live-design.com/   

.
.

≪gallery 同時開催≫
同じ期間中、galleryでは 田中紗樹さんの展示もございます。
あわせてぜひご覧ください。
詳しくはこちらへ。